衛生管理者試験に1回で合格するツボ式学習法





■学習項目の4割を省いてOK! ツボ式学習法では「本当に最低限の学習項目」を絞りに絞り込んでいます。
国家試験の指導を専門とするプロだからできる、他に例を見ない圧倒的な絞り込み方です。

「覚えておこう集」は驚くほど薄い。 通常のわずか15分の1の量!
 試験当日にも一気に復習できる、試験に受かるためのポイント集の作り方を解説します。
合わせて19ページ分なので、通常のテキストの15分の1だけの量です。
その「薄さ」に驚かれるかもしれませんが、毎回ここからごっそり出題されます。
試験当日にも何度も見返すことができます。

「合格に必要なところだけ」やる。学習範囲は思い切って絞る。
 通常の教材は「試験に出る可能性のあるところ(×)」 を網羅しています。
しかし、これは膨大な量であり、1年間かけてこなす量です。
1ヶ月で合格するには「合格に必要なところだけ」やる割り切りが大切です。

科目ごとの攻略法
「関係法令」「労働衛生」はこれだけ・・・(一種)19項目、(共通)19項目
「労働生理」はこれだけ・・・(共通)11項目
・・・各科目の学習項目を「大胆にここまで絞り込んでOK」と指導できる講師は他にいないでしょう。
これら厳選した各項目について、さらに試験に受かるためのポイントを丁寧に解説します。

1ヶ月で合格するためには、1日にこれだけ覚えればOK


>>>衛生管理者試験に1回で合格するツボ式学習法